本当に「働く」のが怖いのか

働く


最近よく考えるのは、「働く」ことです。

悩んでた頃は、「働くと言えばオフィスワーク!」と思い込んでいたらしく、よく母に指摘されていました。
「バイトと言えば接客業!」とかもありました。

でも、世の中をよく見てみると、仕事ってたくさんありますね。

でも私は、接客業しかしたことがありません。
思いつかなかったんです。

逆に、コミュニケーション能力が高くて、社交的な姉が、工場とか、製造業とか裏方の仕事もたくさんしていました。
活動的な人だから、たくさんのバイトを経験できたともいえるとは思いますが、やっぱり視野が広いんだと思います。

働くってことをもっと広く見てみるのもいいかもしれません。

働くって要するにお金を稼ぐってことだと思うんです。
お金を稼げれば働いていることになると思うと、できそうなことって広がると思います。

今働いていなくて、でも働きたくて、そんな人は、本当にちょっとのことから始めてもいいのではないかと思います。

何か少しずつでも動いてたら、どこかにつながるかもしれません。
それで100円でもお金がもらえたら、そこからもう少し動いてみる、それでいいと思います。

ほとんど私のことですが。(笑)
私も少しずつ少しずつ進んでいきたいです。


これじゃないとだめ。と決めていることを、一回忘れて、違う方を向いてみたら、楽しいことがありました。
進むときには、ちょっと周りを見渡してみるといいのかもしれません。

そのときに見つけた楽しいことで、「働く」ことができたら、そんなに楽しいことはないと思います。
やる前から悩んだりしないで、少しやってみる。

そこから始めていけるといいな。

シェアする

フォローする

関連記事