一歩一歩進んでいけば必ずゴールが見えてくる

新しいことをする


@chika_aneにとても感心しました。ちかです。

昨日は姉がマラソン大会に出ました。
ランニングは今年から始めたので、10㎞の部への参加でした。

マラソン大会っておもしろい

スタートからは見れませんでしたが途中から応援に行くと、セーラー服の男女の軍団やカオナシがいて、ウォーリーも2人見つけました。(笑)

なんか仮装大会があったらしく、仮装のまま走っている人たちだったみたいです。

カオナシは写真を撮ろうとしたらピースしてくれました。
余裕あるな~。(笑)

ものすごいスピードで走っている人や、自分のスピードを保って走り切った人もいて、参加者全員がそれぞれの楽しみ方で楽しんでいるのがわかりました。

私は見ている側がちょうどいいと思いましたが、応援に行くのも楽しいですね。

姉にはかなりきつかった

そんな感じで仮装している人たちも走りなれている感じで、一定のスピードを保って走っていました。

走っているので疲れている感じではあるんですが、辛そうじゃないというか、まだいけるなという感じに見えました。
実際、そのペースを保ってちゃんとゴールしていたので、いつも通りの走りだったんだと思います。

一方姉は、今までの練習を反省したそうです。

大会に出てみて、「マラソンってこうだよな。」と改めて思ったそうです。

大人になってからランニングを始めたのは今年に入ってからですが、姉は学生時代のマラソン大会では上位入賞者だったんです。

でも今回の大会で、運動は続けることのみがものをいうということがわかりました。

学生時代は体育もあるし、部活もしていて、毎日運動をしているんです。
でも大人になると自分でしようとしなければ全くしないということになります。

結局は、学生時代それだけ走れたのも、毎日の運動があってこそだったということなんですね。
それを私たちは痛感しました。

姉は週1回7km以上を走っていたのですが、姉曰く「あれじゃあ全然だめだ。もっとちゃんと走らないといけないと思った。」ということでした。

姉は大会に出たことで、自分のランニングへの取り組み方を見直したそうです。
そしてそれは日常のすべてのことに言えることで、走っている間、いろいろなことを考えたそうです。

一歩ずつでも進むことが大事

走り終わった姉が言っていたのは、「どんなこともちゃんと真剣にやって、一歩ずつでも進んでいれば、必ずゴールが見えてくるんだな。」ということでした。
「そんな当たり前のことを、今回強く感じたよ。(笑)」と言っていました。

今回の大会はスピーディーは展開になっていたそうで、マラソン初心者には結構大変な大会だったそうです。

確かに見ていても、「みんな走っているスピードが速いな。」と感じるくらい早かったです。
だからこそ姉がとても心配になりました。

でも姉は、今までにないスピードで10kmを走り切りました。
順位は下から数えて入賞するくらいです。

「でも出てよかった。」と言っていました。
確かに得るものは多かったと思います。

やっぱり何事も挑戦してみることが大事

やっぱり、やりたいと思っていることがあるなら挑戦してみるのがいいんだと私も思いました。

私のことで言えば、今年からHTMLやCSSの勉強を始めて、最終的にはこうやってブログを始めて、いろいろなことに挑戦するたび、ちょっとずつですがどんどん変化してきています。


ブログを始めて昨日で1か月が過ぎました。
やっぱりブログは楽しいです。

それもやってみるまでは知らなかったことです。

新しいことを始めると、必ず何か発見があります。
その発見が、自分を変えて、環境を変えて、そしてまた自分を変えていくのかなと思います。


今もまだやりたいことがたくさんあります。
その新しいことにどんどん、少しずつでも、挑戦していこうと思います!
頑張るぞ!

シェアする

フォローする

関連記事