【快適】毎日水筒を使うなら「LAKEN」が超おすすめ!

家でも毎日水筒を使ってます。ちかです。

水筒って何が一番めんどくさいって洗うことじゃないですか?

「部品がいくつも」あって、「各部品にパッキン」が付いてて、「それをとるのも大変」で…あーー!!

それでも飲み物を持ち運ぶには水筒がないといけませんよね。

というわけで今回は、洗いやすい水筒「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」を紹介しようと思います。

とても簡単な構造で、メリットがいっぱい!

最近の水筒って保冷保温機能の向上のためか、複雑なつくりのものが多いですよね。

そうするとどうしても洗わないといけない部分が増えたり、バラバラにして乾かしたものを組み立てないと使えなかったりして、めんどくさいことだらけですよね。

そんな中で、「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」は、ふたと本体の2つの部品しかありません。

この作りのおかげで利点がたくさんあります。

洗いやすい!

この水筒は、本当にふたと本体しかありません。

だからパッキンもふたに1つしかついていません。

今使っている水筒はどうですか?

パッキンは何個ありますか?

パッキンって中身が漏れないようにつけるものだから簡単には取れないようになっているし、ゴムのような材質なので洗うのが結構大変なんですよね。

でも水筒をパッキンを取らず洗って使っていたら…。

それがめんどくさいんですよね。

でも、「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」はそのめんどくさいパッキンが1つしかないし、取り外すのにも苦労しません。

これなら洗うのもらくちんですね。

どこかから中身が漏れる心配もなし

水筒ってあんまりきつく締められないようになっているものも多いですよね。

それはパッキンがだめにならないようにだというようなことも聞いたことがありますが、パッキンは時間経過でも駄目になりますよね。

でも、パッキンがだめになっているのってわかりますか?

私はわかりませんでした。

そうです、昔パッキンがだめになっていたせいで、カバンの中がびしゃびしゃになったことがあるんです。

これが怖いですよね。水筒って。

でもふたの締め加減を自分で調整できればこぼれる心配が減りますね。

「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」はいくらでも締め付けられる構造になっているので、心配ならかたーく締めることもできます。

それに、構造が簡単なので、自分でパッキンがだめになっているかどうかが管理しやすいような気がします。

締め口が目に見えるので、隙間が空いたりしていれば一発でわかるということです。

これならカバンの中が水浸しになることもありません。

使い心地は…

そして、私が実際に使ってみてどうかということです。

私は水筒を毎日使うので、使いやすさというのは重要な要素です。

洗いやすくても飲みにくいのでは意味がありませんからね。

飲みやすいかたち

簡単な構造の水筒は、口が大きく広がっているタイプが少なくありません。

すると、例えば電車や車の中などの揺れるところなどでは少し飲みにくいですよね。

でも「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」の口の部分は細くなっています。

こうやって細くなっていると、揺れる車内などでもこぼすことなく飲むことができます。

こういう形の水筒の中では断然洗いやすいのがこの「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」だとおもいます。

保冷・保温効果は…

この水筒は保冷と保温のどちらもできます。

どうせこういう機能のある水筒を使うなら、なるべく長い時間効果が続いてほしいですよね。

保冷

保冷に関しては、「氷が1日もつ」くらいの効果があります。

口が小さいので、ある程度小さい氷しか入らないですが、それでも「1日もつ」ということです。

口のサイズは大体、

水筒の口の広さ

3cmくらいなので、四角い氷なら一辺が2cmくらいの氷しか入りません。

結構小さいですが、その小さい氷でも1日もつので、なかなかすごいなと思います。

でも、そんな小さい氷は作っていないよという場合は、新しく作れるようにする必要がありますね。

保温

保温もかなり持ちます。

冬に朝、熱湯でお茶などを入れて持って行ったら、夕方になっても暖かいです。

保温は中身の量にも大きく影響するので一概にはいえませんが、「あっという間に水になっちゃう」ということは全くありません。

何だったら、熱すぎて飲めないことがあるくらいです。

でも、「適温」の時間は限りなく短いです。

保冷は氷によって冷やされるので、氷がある間は冷え続けますが、保温は熱湯の温かさを保つことしかできないので、ずっと温度が下がり続けます。

つまり、朝入れた熱湯が、時間がたつごとにどんどん冷めていくのを先延ばしにしているだけなのですよね。

だから、保冷の効果の間隔で保温されると思っているとちょっとがっかりするかもしれません。

それでも、保温効果は強いほうだと思います。

パッキンの寿命は…

私はもう2年半使っていますが、一度も漏れたことはありません。

それに、パッキンを手で触ってみても弾力も損なわれていないので、結構長持ちするパッキンなんだと思います。

それにパッキンって「コの字型」のイメージがありませんか?

「LAKEN(ラーケン) FuturaTHERMO フツーラサーモ」のパッキンは↓のようなただの輪っかです。

水筒のパッキン

この形だから傷みにくいのもあるのかもしれませんね。

それにもし、パッキンやふたがダメになってもAmazonに売っています。

基本的に長持ちするものですが、替えのものも簡単に手に入るならより安心ですね。

豊富な「カラーバリエーション」も魅力

Amazonでも赤、青、緑の3色から選べます。

LAKENはスペインの会社だそうで、色づかいにこだわっているそうです。

HPにも、

スペイン南部のムルシアで1912年に生まれたアルミボトルメーカー、Productos Deportivos社が作り出すのがLAKEN。同社を代表する丸筒水筒は、いくつもの工程を経て成型される引き出し一体型で、非常に強度が高いのが特徴です。アウトドアに最適なボトルですが、芸術の国スペインのこだわりのカラーリング、デザインボトルも大きな特徴です。

引用:ラーケン トップ

とあるように、カラーリングにもこだわりがあるそうです。

それだけに、色合いがとてもよくて、ほかの人とちょっと違いをつけられるようなデザインといえるのではないかと思います。

やっぱり使いやすいラーケンの水筒

私は保冷保温機能のある水筒はこれをいつも使っています。

今までいくつかの水筒を持っていましたが、こんなに使いやすいものはありませんでした。

やっぱり、毎日でも使うようなものなので、洗いやすさというのは大きな問題ですよね。

洗うのがいやになってしまえば、もうその水筒は使わなくなってしまいますからね。

そう考えると、洗いやすい水筒は、それだけ長く使う水筒ということになるかもしれません。

さらに、↑の引用にも「アウトドアに最適」とありますよね?

私が考えるにそれはおそらくふたの部分がポイントだと思います。

あの丸くあいている部分にカラビナをつけることで、カバンにぶら下げたりもできるからです。

まぁ、500mlの水筒なので、ぶら下げればある程度重みがかかりますが、カバンにいちいちしまわなくてもいいというのはとても楽ですよ。

洗いやすい水筒をお探しの方は是非検討してみてください。

シェアする

フォローする

関連記事