バイク駐車場問題は「貸しコンテナの選び方」で解決!!

コンテナ

置くところがなくて納車できないところだった…。ちかです。

バイクの免許を取ったりする前は、教習所に行って、バイクを買うというところまでしか想像しませんが、車や自転車と違ってバイクは、駐車するところにかなり気を遣うものだったのです!

自転車のように家の前にぱっと置くこともできないし、車のようにその辺の駐車場を借りればいいのでもないのですね~。

その辺の理由はあとで書いてみますが、もろもろの理由から私は、貸しコンテナにバイクを保管することにしました!

しかし、このコンテナ選びにも問題があったんです…。

というわけで今回は、私がバイクの駐車場に求めた条件なぜコンテナを選んだのかということ、さらにコンテナ選びをしたときに思いもしなかった大事な部分についてまとめてみようと思います!

バイクの駐車場に求めた条件

まずは、私がバイクを駐車する場所に何を求めたのかを書いておきます。

私がバイクを駐車する場所に求めた条件は2つあって、屋根があること盗難やいたずらをされにくいことです!

屋根があること

まず屋根があることは、カバーをかけなくて済むからです。

バイクにカバーをかけないといけないのがめんどくさくて、その理由として出かけるたびに外したりかけたりしないといけないということもあるのですが、もっと重要な理由があります。

それは、バイクを駐車してすぐカバーをかけたい場合は、耐熱性のあるカバーじゃないといけないということです。

そうじゃないと高温になったエンジンやマフラーに触れてカバーが溶けてしまうらしいので、すぐにはカバーをかけられないんですよね。

その辺に気を使わないといけないというのもめんどくさいし、上からカバーをかけただけでは、地面からの雨の跳ね返りによってさびてしまうという話も聞きました。

それに屋根がないと、雨の中走ってきたりした場合にも車体を拭くこともできないということになりますよね!

それらの理由から屋根があるところに駐車したいなと思っていました。

要するにめんどくさいということです。(笑)

盗難やいたずらをされにくいこと

これに関しては当たり前ですけど、とられちゃったら二度と乗れないし、いたずらをされるのも嫌ですからね。

そして、それらをされにくくするには、バイクがあるということがわからないようにするというのが一番いいらしいです。

当たり前かもしれないですけどね。(笑)

そうなると、その辺にカバーをかけて置いておくというのはいかにもバイクがありますという感じで心配ですよね~。

そんなことを言っていたら置くところが見つからない!

↑のようなことを考えながらバイクを置けるところを探したのですが、まぁ~見つからないですよね。

バイク専用駐輪場というものもあるのですが空いてなかったり、なにより、そこに置いている人は誰でもはいれるところに置くというのがちょっと嫌ですよね。

それにそれらの場所は家から遠く離れているので、そこに行くまで自転車で行かないといけなかったり行く途中もバイク用品を持ち歩かないといけなくて荷物が多くなったり…。

う~ん…。

どうしたものか…。

なぜ駐車場や家の前ではだめなのか

あまりに置くところがないので、駐車場を借りてとめたり、家の前に置いたりできないかということを考えました。

今うちの車を止めている駐車場の隣を借りておけないかとか、大家さんに相談して家の前に置けないかとかいろいろ考えましたが、ネットでいろいろ調べた結果、あきらめることにしました。

というのも、駐車場にバイクをとめるという案では、バイクが倒れた時に周りの車に傷をつけてしまうことから嫌がられるということを知ったことと、家の前の案では、消防の何やらの決まりによってそこいら辺にバイクをとめてはいけないということを知ったからです。

何とか交渉したりして置いている人もいるらしいですが、私にはちょっと無理ということで、おとなしく違う案を探したということです。

要するにめんどくさいということです。(笑)

それに、私の借りようとしていた駐車場は傾斜のついた駐車場だったのでバイクの駐車には向いていないということと、家の前に置こうにも、ちょっとした段差があって上るのが大変そうということ、さらには家の前の通路が狭いので置いてあったら邪魔だし、切り返しができないなどなど。

どうしてもおきたいと思うほど好条件ではなかったからというのもあります。

人の迷惑になるようなことをしたら後々めんどくさいですからね。

そうです。

要するにめんどくさいということです。(笑)

目をつけていたのは「コンテナ」

もろもろの理由から私は、トランクルームとかレンタルコンテナとか言われているものを借りることが第一希望になっていました。

そして、探し始めたのですが、空いているところがないんですよね~。

やっと見つけたところがあって、値段もお手頃で、「これは借りるしかない!」と、喜び勇んで契約したのはいいのですが、問題があることに気が付きました。

コンテナの中にバイクを入れられない!

私がそこを契約したのは、まだ教習所に通い始めて間もない時でした。

なぜそんなタイミングで契約をしたのかといえば、もうバイクの契約をしていたからです。

とめられるところがなくて焦っていたんですよね。

そしてそんな知識もバイクを触った経験も浅いうちに考えていた感覚で、「コンテナの中にバイクが入ればいい。」という基準でコンテナを選んでいました。

でもコンテナに入れる場合、問題はそこじゃないかったんです。

もちろんコンテナの中に入らないというのは問題外ですけどね。(笑)

問題は、コンテナの中にバイクを入れることができるかどうかなんですよね!

つまり、バイクを入れるという作業が困難じゃないかということです。

私がその時契約してしまったコンテナは、コンテナの床の高さが地面から30cmのところにあって、さらに、コンテナの前の空間が2m30cmしかなかったんです!

これの何が問題かというと、たとえスロープを使ってもバイクをコンテナに入れられないということです!

私の買ったバイクはNinja250で、全長が約2mあります。

スロープに対してまっすぐ押していきたいと思ったら、コンテナの前の空間に残った距離は30cmです。

そうなると、スロープの長さは30cmしか取れないことになりますよね?

そしてコンテナの床の高さは30cmです。

ということは、わたしは、助走を全く取れない状態から、角度45度のスロープを170㎏のバイクを押してコンテナに入れないといけないということになるんですよ!

100%無理です。

バイクの力を借りればいいという話もありますが、やっぱり初心者には危ない行為なのでそれはできません。

じゃあスロープを長くしたらいいんじゃないかとも考えましたが、そうすると今度は、スロープ上でバイクを取りまわさないといけなくなるんですよね。

これも無理です。(笑)

なんだったらできるだけ取り回しをしたくないですからね。

バイクを押すのは重労働ですよね。

このような問題が起きてしまったので、もうこのコンテナにはおけないということがわかりました。

せっかく契約したのに…。

ちゃんと置けるコンテナ発見!!

そんな絶望的な状態になっていた時に見つけたのが、私がこれから契約するコンテナです!

ここのコンテナは、それぞれのコンテナの前が車がすれ違えるくらいあいていて、さらに私の契約するコンテナの前なんて通路になっていて、ずーっとまっすぐあいているんですよ!

それに、コンテナの置いている敷地内にバイクで乗り入れて、そのままコンテナの前にまっすぐ停車できるという条件付きです。

これならコンテナの高さが20cmだろうが30cmだろうがスロープで乗せられます。

ちなみに今回のコンテナの高さは20cmです。

このような経験から、コンテナを選ぶのには次のような条件がそろっているとバイクの駐車をするのにはいいんじゃないかと思いました。

バイクの駐車をするのにいいコンテナの選び方

以上の経験を踏まえて言えるのは、2つです。

まずは、コンテナの前の空間が広くあいていること

そしてできれば、コンテナの前までバイクに乗っていって、コンテナに対してまっすぐ停車できること

この2つかなと思います。

バイクの納車がこれからなので、コンテナの使い心地などはまだわかりませんが、とりあえず、コンテナを選ぶという段階ではそもそもコンテナの中に入れられないのではしょうがないですからね。(笑)

私のようにならないように、いいコンテナが見つかるといいですね!

シェアする

フォローする

関連記事