【バイク】シミュレーターの恐怖、再び…【教習15・16時間目+学科1時間】

怖い

シミュレーター怖すぎ!!!!ちかです。

おとといは、卒検前の関門である「みきわめ」の前最後の乗車教習と、シミュレーター+学科をやってきました!

こうなってくると本当にいよいよ教習も終わりになってきて、がぜん緊張しています。(笑)

そんなわけで、今回の教習の記録をつけておきたいと思います!

教習15時間目 Bコースの走行

この時間は「ナイス急制動!」の教官さんが担当してくれました!

【バイク】ナイス急制動!【教習13・14時間目】
「好感の持てる運転」をするのは私です。ちかです。 今回の記事は教習の翌日に書いていますが、昨日は教官さんにひたすら褒め...

そして、卒検で使う2種類のコースのうちの一つであるBコースを練習しました。

Bコースの走行

Bコース自体は前回の時間で覚えていたので、各項目を確認する時間という感じでした。

【バイク】ナイス急制動!【教習13・14時間目】
「好感の持てる運転」をするのは私です。ちかです。 今回の記事は教習の翌日に書いていますが、昨日は教官さんにひたすら褒め...

私の中でも特に苦手意識のあるものはなく、でも緊張がすごくて、そこが本番でも心配です。(笑)

そして各項目も特に問題なく終わって、教習の最後には、「このままいけば大丈夫!がんばってね!」と応援してもらえたので、よかったです。

みきわめ前、最後の乗車でしたが、いいイメージで終われました。

教習16時間目 シミュレーター

そして私の大嫌いなシミュレーターです。(笑)

運転をするにしても感覚が本物と違いすぎてやりづらいやりづらい。

なんでみきわめの前にこんなに感覚の違うものをやらないといけないのかと思います。

それに内容が怖すぎるんですよ!

現実ではほとんどあり得ない危険が満載(笑)

同じような危険は現実でもあるとは思いますが、シミュレーターはやっぱり絵なので、距離感がわかりづらかったり、動きが現実離れしてたりして、現実以上に危険な状態を体感することになりますよね。

「運転は危険なものだ。」ということを実感するのにはいいと思うのですが、「何もこのタイミングでやらなくても…。」と思いました。

本当にやめてほしい。(笑)

この感覚が怖すぎて、日常の車の運転や、卒検前なのにバイクの運転にも支障が出ました。

いわゆる疑心暗鬼になるんですよね。

まぁ、そのくらいのほうが安全運転でいいのかもしれませんが、完全にトラウマです。(笑)

できるだけ運転したくない。

でも、動きがもうなんか面白くて、笑いが止まらないものもありましたけどね。

なんにしても思い出したくない思い出になりました。(笑)

唯一の学科 ディスカッション

この時間は、その前の時間のシミュレーターの映像を見ながらどうすれば事故が起きないかということを話し合う時間でした。

その中で、二輪と四輪の大きな違いを改めて知りました。

それは、止まりやすさや危機回避のしやすさの違いです。

二輪車は安定しない乗り物なので、いざというときでも止まったり回避したりしにくいんですよね。

それに比べると四輪車はブレーキをぎゅっと掛ければ止まれるし、急ハンドルでも倒れたりはしにくいということです。

だから、四輪に乗ってる時よりもスピードを落とすことが大事になってくるのだそうです。

バイクに乗っていると、ついスピードを出してしまうことも多いのではないかと思いますが、四輪車との違いを頭に入れて、無理のない運転をしていこうと思いました。

残りの教習は「みきわめ」の1時間のみ!

こんな感じで、みきわめ前の教習が終わりました。

卒検に向けてのコースの走行などは結構いい感じに来ているみたいですが、やっぱり問題は公道に出てからですよね。

せっかくとった免許なのに免停になったりとか、事故をしてバイクに乗れなくなったりしないように、十分に気を付けて運転しないといけないなと思いました。

教習所に通うのって結構嫌なものですね。(笑)

緊張感もすごいし、精神的にすごく疲れます。

でも、バイクに乗りたいと思った人はみんなが通る道なんですよね。

本当にあとちょっとなので、卒検もぱっと終わらせて教習所通いを終わりにしたいものです。(笑)

とりあえずみきわめを通らないと…。

頑張ります!

シェアする

フォローする

関連記事