「スターウォーズ初心者」の私がスターウォーズの6作品をみた感想

ちかです。

私は2017年の年末にスターウォーズをHuluで一気見しました。

みたのは「旧3部作」と呼ばれる初期に制作された3作と、「新3部作」と呼ばれる2000年頃に作られた3作の計6作品です。

スターウォーズをみたことがない人でも、「スターウォーズは順番が複雑だ」ということを聞いたことがあるのではないでしょうか。

私自身、みてみたい気持ちがあっても、「よくわかんないし…」と、実際にみてみることはありませんでした。

しかし、実際に見てみたら、複雑だといわれているのがどういうことだかわかりました。

「エピソード」が制作年順じゃない

スターウォーズのシリーズを調べてみると、「~エピソード1」などと、一つ一つにエピソード番号がついています。

そのエピソードの順番は制作年順にはなっていません。

ここが複雑なところのようですが、このエピソード番号は、「作品内の時代設定」の順番になっています。

エピソードの順番にみると、作品内の時間経過のとおりにみることができるということみたいです。

おすすめの順番は…

私が実際にみた順番は、制作年順でした。

制作年順にみてみて感じたのは、「エピソード順でみたほうが、みやすいかもしれない」ということです。

制作年順でみるか、エピソード順でみるか、どっちの方法でも楽しくみれると思いますが、どちらにもいい面と悪い面があると思います。

制作年順でみると…

まずは、私が実際にみた制作年順でみる方法ですが、私としてはこの順番でみるのがいいと思います。

まず、この見方なら、制作者の思う順番でみれるということになると思います。

だから、間違いなく面白いと思います。

しかし、この見方の唯一ちょっと気になる点があります。

「昔の映画」をしばらくみないといけない

スターウォーズの旧3部作と呼ばれている初期に作られたものは、今から40年以上前に作られたものもあります。

最近の映画を見慣れている人にとっては、新3部作といわれている2000年ごろに作られた作品のほうが受け入れやすいと感じました。

旧3部作が面白くないのではなく、映像の作り方がだいぶ変わってきているので、最近作られたものの方が受け入れやすいということです。

それに、どんな話なのかわからない状態で見始めることになるので、受け入れやすい作品をみてからのほうが、みやすくなると思います。

だから、エピソード順にみても楽しくみれると思います。

エピソード順でみると…

制作された順番ではありませんが、エピソード順にみるという方法もあるかなと思いました。

作品内の時間経過の順番にみれるということなのですが、この順番でみたからつまらなくなるということはないと思います。

ただ、制作年順でみてくると、「あ!これあの話だ!」という感動がありますが、エピソード順で見るとその感動は味わえなくなってしまうなと思います。

後に作られた作品は、前に作られた作品のことを引き継いでいるので、そこを楽しむことができるのはやはり、制作年順だと思います。

結論:みたいようにみればいいと思う

いろいろ書いてきましたが、どんな風にみてもスターウォーズは面白いと思います。笑

スターウォーズには熱烈なファンも多く、みた事ない人にはとっつきにくい部分もあると思います。

私自身そういうところもあって、今までみたことはなかったのですが、なんにしても楽しくみるのが一番だと思います。

スターウォーズ、面白いですよ。

みた事がない人は、是非みてみてほしいです。

シェアする

フォローする

関連記事