英国ドラマが面白い!現代のシャーロックホームズの話「SHERLOCK/シャーロック」

ちかです。

ミステリーのドラマやアニメが好きで、ケーブルテレビで録画して観たり、Huluで配信されているものを観たりしています。

その中で今一番はまっているのが「SHERLOCL/シャーロック」です。

これは、あの有名なコナン・ドイルの小説の主人公であるシャーロック・ホームズが現代のイギリスに存在していたら、という設定で、原作を基にして現代風にアレンジしてあるドラマです。

観る前は、「アレンジって…、そんな簡単にいかないでしょ」と思っていましたが、さすがはシャーロック・ホームズの生まれ故郷であるイギリスで作られたドラマだな~と思いました。

本当に面白かったです。

イギリスでも大人気だそうで、そうなるのもよくわかります。

本当に面白い!

どこをとっても大好きになっています。

というわけで今回は、「SHERLOCK/シャーロック」を観ての感想をまとめてみようと思います。

すぐにドラマの世界観が好きになる

あれだけ有名な小説が原作となると、どうしても原作と比べたくなると思います。

私はシャーロキアンというわけではないどころか、いくつかの作品しか読んだことがないのですが、それでも「本当に面白いのかな…」と心配していました。

でも実際にみてみるとすぐドラマの世界に引き込まれて、原作と比べることなんて忘れて、夢中で見てしまいました。

原作があるからこそ面白いと感じる部分もあるのですが、2つを比べてどっちが面白いとか、そんなことはまったく考えませんでした。

そもそも設定が違うので同じものにはなりませんが、かといってまったく違うものでもなく、しかもそれについていちいち考えることもなく観ていけるという、よくわからない感覚になりました。

つまり、「とにかく面白い!」ということです。

キャラクターたちもとても魅力的

原作でも出てくる主要なキャラクターに加え、ドラマ独自の登場人物たちもみんな魅力的です。

どちらのキャラクターも自然に交じり合っていて、不自然に感じることなんて全くありませんでした。

だからこそ、原作をあまり知らなくても面白いと感じるというところもあるのかもしれません。

「現代らしい表現」が面白い

私が観ていて一番面白いなと感じたのが「現代のドラマならではの表現」の部分でした。

「ホームズとワトソン」ではなく、「シャーロックとジョン」

私が一番「いいな」と思うところがこの「名前の呼び方」です。

シャーロック・ホームズといえば「ホームズとワトソン」ですよね。

でも、「SHERLOCK/シャーロック」の中ではホームズは「シャーロック」、ワトソンは「ジョン」と呼ばれます。

名前で呼ばれているということだと思いますが、大勢の人たちが2人のことを名前で呼んでいるというところが、観ているこっちも親しみやすさを感じるところでした。

シャーロックとジョンが「恋人」と間違われる

これは特にいまどきだなと思ったところだったのですが、シャーロックとジョンはいたるところで恋人同士だと勘違いされます。

イギリスでは2015年ごろから同性結婚ができるようになっていて、その前から同性同士のパートナーシップという結婚に似たような制度があるそうです。

するとイギリスでは、「同性同士の恋人」というのは珍しくないのでしょう。

そのためか、最初シャーロックとジョンがシェアハウスをしようとしているときにも、大家さんに「寝室は別にすることもできるわよ」といわれています。

ジョンが「もちろん別で」と答えても、「いいのよ~。最近多いじゃない」と流されています。

他にも、食事に行けば「ろうそく持ってこようか。ロマンティックだから」と言われ、出先でホテルに泊まろうとすれば、「すまん。ダブルの部屋が空いてなくて」と言われています。

そのたびにジョンが「恋人じゃない」と否定するのがお決まりのパターンで、シャーロックはまったく関心がなさそうです。

「同性同士の恋人がいる」社会の中で見れば、シャーロックとジョンは「恋人同士」に見えるほど仲がいいという事なのかなと思うと、余計にドラマの世界観が好きになりました。

音楽もとてもいい

BGM(サウンドトラック)に流れる曲もとても雰囲気があります。

原作の「ホームズ」の雰囲気もありながら、「シャーロック」をとてもよく表している感じがします。

簡単に言えば「すっごいかっこいい」ということです。

好きすぎてサントラを買ってしまいました。

ドラマ中でよく聴くのは↑のアルバムの2つめの曲「ゲームの始まり」と4つ目の「追求」だと思います。

私はその2つとオープニング・タイトルの全部で3つ買いました。

これでドラマを見なくても、「SHERLOCK/シャーロック」の世界に浸ることができます。

最新の第4シーズンも楽しみ!

2010年から続いている「SHERLOCK/シャーロック」ですが、最新シリーズが2017年に放送されたそうです。

私はHuluで観ているのですが、まだ最新シリーズは配信していなくて観れていません。

どこかで観られないかと思っているのですが、楽しみに取っておくのもいいかななんて思っています。

第3シリーズの最後も結構衝撃的だったので、どんな展開になるのか、想像しているだけでもわくわくします。

「現代のシャーロック・ホームズ」はとても魅力的だった

どんなことも見抜いてしまう洞察力や豊富な知識、あとは自由な生き方がとても魅力的で、自分らしさを見失わない、と言うとなんか安っぽい感じがしてしまいますが、個性たっぷりのキャラクターが私は大好きになりました。

なんと、イギリスの英語版では「シャーロックはアスペルガーじゃないか」と言うセリフがあるそうです。

日本版では訳されていないのかカットされているのか、そういう表現はありませんでしたが、シャーロックの空気の読めなさ加減はアスペルガーっぽいのでしょうね。

でもそこがまた魅力的に見えて、自分もそういう魅力的な人間になりたいなと思いました。

ミステリー好きの方はもちろん、気になった方は是非見てみてください

シェアする

フォローする

関連記事