【大きく分けて2種類】iPadのキーボードの選び方

キーボードは快適に使いたい…。ちかです。

iPadで使うキーボードを選ぼうとすると、大きくわけで2種類から選ぶことになりますね。
「iPadカバーと一体型になっているもの」と「キーボード単体のもの」の2つです。


私は今回、iPad mini 4で使うキーボードを選ぼうと思った時にとても悩みました。
「使い勝手がいいのは一体型だろうけど、キーボードとしての性能は単体の方なんじゃないかな〜」というのが一番の悩みどころで、ぶっちゃけそれだけで選ぶのが面倒になりました。(笑)

というわけでいろいろ悩んだ結果、私が行き着いたことを、まとめてみようと思います。
今回は、私がiPadで使うキーボードを選んだ過程から考える、「iPadのキーボードの選び方」です。

「iPadカバーと一体型」と「キーボード単体」それぞれの利点は…

できるだけ失敗の買い物を避けたいので、悩みに悩んでいたときに、それぞれの利点などについて考えてみました。
私としては、iPadを持っている時にいつもキーボードがある状態じゃないと、多分使い勝手が悪いんじゃないかと思っていたので、できれば一体型が欲しいなと思っていました。

でも、Amazonレビューなどを見ていると、心配になるものが多く、他にもいろいろ考えると、結果的には単体の方が使いやすいのかなぁという感じがしていました。
というわけで、それぞれの特徴についてです。

「iPadカバーと一体型」の特徴

形としては、「手帳型カバー」のふたの部分がキーボードになっているようなタイプですね。
これなら、開くだけで打つことができるし、iPadを持っていれば自然にキーボードも持っていることになるので、使い勝手はとてもいいんじゃないかと思っていました。


でもいろいろ調べたりして考えていくと、「なんか逆に不便なのかな?」という気持ちになったりもしました。

一番の理由は、「あまり性能のいいものがない」ということです。

性能のいいものを買うことができない

一体型のキーボードは、大きさなどの制約があるからか、値段は安いのですが、性能がイマイチなものがとても多いです。
私はAmazonで調べただけのようなものなので、世の中にはとても性能のいいものもあるのかもしれませんが、一体型のキーボードは「安くて性能がイマイチ」というものしか見つけることができませんでした。

「性能が悪い」というのを具体的にいうと、「同じ文字が連続して入力されてしまう」とか「押したキーの隣のキーが入力されてしまう」とか「Bluetoothの接続が切れる」とかそういうものでした。
挙句、「あまり文字入力しない人にはいいかもしれません」というレビューもあるくらいで、それじゃあ何のためにわざわざキーボードを買っているのかわからないですよね。
と私は思いました。(笑)

こういうものを目にしてから、だんだん気持ちが「単体」の方に傾いて行きました。

iPadが重くなっちゃう

一体型のキーボードをつけてしまうとどうしてもiPad自体が重くなってしまいますよね。
キーボードを使わない時もずっとキーボードの重みがある状態で使わないといけないということです。
これはとても嫌ですよね。
大体が、タブレットは軽くて使い勝手がいいものなのに、そのせっかく軽く作られているものをわざわざ重くするなんてもったいない!ということですね。

しかも、ケースを付けているとなると、どうしても外すのがめんどくさいので、一度つけたら付けっぱなしになりますよね。
そうすると、「キーボードをつけて文字入力がしやすいiPadにする」か「軽くて快適に使えるiPadにする」かの2択を迫られてしまうことになってしまうので、それも嫌でした。

「iPad ProとSmart Keyboard」なら話は別じゃない?

ここまでいろいろ考えてきた時に一番思ったのは、「『iPad ProとSmart Keyboard』なら話は別じゃないか?」ということでした。
私はこの時、iPad miniしか持っていなかったのですが、私の要望に一番こたえてくれるのは、「iPad ProとSmart Keyboard」なんじゃないかと思ったんです。


実際、iPadでの文字入力を一番快適にするにはやっぱりいつでもiPadと一緒にキーボードがある方がいいし、なおかつ、キーボードがいらない時は簡単に取り外せる状態なら、そんなに快適なものはないですね。


実は、私は実際にiPad ProとSmart Keyboardを使っていますが、とても便利だし、もうこれ以外は考えられなくなっています。
その理由がいくつかありますが、長くなるので、それについては別の記事に書こうと思います。
書いたらリンクを貼ります。

キーボード単体のタイプ

使っているiPadが「iPad Pro」じゃない場合は、「キーボード単体のタイプ」を使うほうが便利だと思っています。

それと、「iPad Pro」でも「キーストロークが深いキーボードが好きな人」もこっちがいいと思います。


主な利点としては、「キーボードとしての性能をしっかり選ぶことができるから」ということが一番大きい理由だと思いますが、iPadのキーボードとして使う時に感じた、いいと思うところやよくないと思うところをまとめてみようと思います。

iPadが重くならない

iPadを使っていて一番いいなと思うところが「軽いところ」だと感じることは多いんじゃないかと思います。
そのiPadが、キーボードと一体化して重たくなるなんて私はとても嫌です。
だから、キーボードが独立していれば、iPadの「軽い」という利点を活かせるというわけですね。
結局、持ち歩くときは、全体として重たくはなりますが、「iPadが重くなる」という最悪の状態は避けられますね。

値段に対して性能がよくなる

カバーと一体型になっているものと違って、大きさなどの制約がない分、性能のいいものを選ぶことができます。
安くてもとても打ちやすいものや、性能のいいものが多くありますし、突き詰めていけば、とても性能のいいものや快適にタイピングできるものを探すこともできます。

だから、安くて使いやすいものを買うこともできるし、さらなる快適さを求めて、「いい買い物」をすることもできるということで、「選り取り見取り」ですね。


単体のキーボードを選ぶ時に私が考えたこともまとめてみたので、もしよろしければ参考までに見てみてください↓。

キーボードの選び方2つのポイント
ちかです。 ブログを始めてから、キーボードで文字の入力をすることが格段に増えて、キーボードについて真剣に考えてみました。 ...

おすすめは「キーボード単体のタイプ」

私としては一体型がいいと思うのですが、文字入力を快適にするという観点からいうと、どうしても単体タイプの方が快適ということになってしまいますね。
もちろん「『iPad ProとSmart Keyboard』なら別」ですけどね。


それに、Smart Keyboardではない場合は結局Bluetooth接続をすることになるので、せっかくキーボードを買うなら、いくつかの電子機器と接続できる方が便利ですよね。
単体タイプのキーボードなら、ボタン一つで簡単に切り替えて複数の機器と接続できるようになるものもあるので、より便利に使うなら、「単体タイプ」を買った方がいいなと思います。

というわけで簡単に「単体のタイプの選び方」についてちょっと考えてみました。
↑に乗せた「キーボードの選び方」の記事と合わせて考えるとちょっと選びやすくなるかもしれません。

単体タイプキーボードの選び方

私が選ぶ時に気になったところについてまとめているのですが、調べてみると結構違いがあるもので、見た目でわかる違いや接続の切り替え方法の違いなどの中で、考えた方がいいと思うものを4つまとめてみました。

その4つとは、

  • 折りたたみかそうでないか(形状の違い)
  • 充電式か電池式か
  • マルチプラットフォームかどうか
  • マルチペアリングできるかどうか

です。

そんなに重要そうに見えないものから、見たことないかもしれない単語までいろいろありますが、一つ一つ見ていこうと思います。

折り畳みかそうでないか(形状の違い)

一番どうでも良さそうな形状の違いですが、私はここを一番真剣に考えました。

大きくは、「折りたたみかそうでないか」という違いですが、キーボードは、手前に向けて傾斜がついていますよね。
こういった持ち運び用の単体タイプのキーボードも、その傾斜をつけるための工夫がされていますが、それが私にとっては嫌なものもありました。

まずは、折りたたみ式かそうでないかについてです。

折りたたみ式の場合

折りたたみ式のキーボードはいろいろな折りたたみ方があります。
折りたたみ方によってはキーが分裂しているものがあったり、キーの配列が独特のものもあるようですが、全体を通して言えるのが、「タイピングのしづらさ」と「耐久性の低さ」なのだそうです。

私自身、折りたたみ式のキーボードは使ったことはないのですが、折りたたみという形状上、どうしても耐久性が低くなってしまうということは、常識のようです。
恐らくは、キーボードのキーなどが壊れるということではなく、折りたたみするための仕組みの部分が壊れるということなんだと思います。
それが大体半年から一年半くらいが寿命になることが多いらしいので、私の使っている折りたたみではないキーボードの4年使用と比べるととても寿命が短いなと感じますね。

あとは折りたたみにするためにキーの配列が独特になってしまったり、キーを半分に分裂させないといけなくなってしまったりしてしまうことによって、タイピングしずらいということもあるようです。
私はそういうことに対応するのが下手くそなので、折りたたみ式は使ったことがありません。

そのかわり、折りたためばポケットに入ったり、カバンの中でも幅を取らないという利点はあると思います。
「多少打ちにくいけど持ち運びはとても快適」というのが折りたたみ式の特徴なのかもしれませんね。

折りたたみではない場合

折りたたみではない場合は形状の違いなんてないんじゃないかと思うと思いますが、私はここを一番こだわりました。
なぜそんなにこだわったかといえば、形状によってはカバンに入れた時にとても邪魔になることがあるからです。

どういうことかというと、キーボードに角度をつけるために、板状になっているキーボードの背面に、飛び出した物体をくっつけているものがあるんです。
今まで私が使っていたキーボードも背面側が飛び出しているものでした。

↑これなのですが、これがどうしてもいやだったんです。
何が嫌だったかというと、これは横幅が27cmくらいあるのでカバンに入れるのですが、その時にこの出っ張りが邪魔になって、カバンに入れる時も出す時も引っかかって引っかかって。
もううざくてうざくて。(笑)
それに、このキーボードと一緒にiPadを入れることになるのですが、カバンの中で、iPadがこの出っ張りに押されているんじゃないかと思うと気が気ではないというか、折れるまで行かなくても曲がったり凹んだりするんじゃないかといつも心配していました。

まぁ実際にiPadに被害が出たことはないのですが、こうして出っ張っているものにiPadが押し付けられるというのはあまり気持ちのいいものではないですよね。
私も押されるのが嫌だったので、平らな方をiPadに向けて入れていたのですが、それでもこの出っ張りのせいでiPadに平らに接していることはほぼなかったです。

こういう不安要素は無くしたかったので、背面に出っ張りのないものを探しました。
そうして買ったのが、K380です。
記事も書いているので見てみてください↓。

【いろいろなOSで使える】Logicoolマルチプラットフォームキーボード「K380」がとても便利!【マルチペアリング】
こんな便利なキーボードがあったなんて。ちかです。 キーボードには主に2種類のキー配列がありますよね。 JIS配列とUS配列の2種...

充電式か電池式か

iPadで使う単体タイプのキーボードはBluetooth接続ということになるので、キーボード自体に電源が必要になります。
要するに充電するか電池を入れるかしないといけないということです。

キーボードは省電力で使えるものも多いので、電池式でも長期間使えるものも多く、さっきでてきた4年間使っていたキーボードも、電池を交換した覚えがありません。

だから、どっちでもいいような気がしますが、私としては電池式のほうがおすすめです。

ここで質問ですが、あなたは「何個のものを毎日充電していますか?」

私は「スマホ、iPad mini 4、Beats x、iPad Pro」の4つがほぼ毎日充電されていて、時にはApple PencilやBluetoothヘッドホン、スキャナなんかも充電したりします。


ここにさらにキーボードまで加わると思うともうおぞましいというか(笑)、「いい加減充電したくない」と思っています。
だから、私としては、充電式より電池式の方がいいなと思っていました。

それに、あらゆる充電式のものを使っていて思うのが、「充電がなくなった時の不便さ」ですよね。
電池式なら電池を取り替えるだけですぐ使えるようになりますが、充電式だと、再度ある程度充電されるまでは使うことができないんですよね。


キーボードに関しては本当に電池がとても長持ちするので、電池式のほうが便利に使えると思います。

マルチプラットフォームかどうか

マルチプラットフォームというのは、いろいろなOSに対応しているということで、簡単に言えばJIS配列のキーボードでもあり、US配列のキーボードでもあるということです。

この2種類のキー配列はOSごとに決まっていて、US配列のOSにJIS配列のキーボードをつないでも思ったように入力できないんですよね。
単に印字が違うだけという気もしますが、まぁキーボードの場合は要するにそういうことなのかな?

とにかく、マルチプラットフォームのキーボードなら、どのOSにつないでもちゃんと入力できるということです。
私が今回買ったキーボードはマルチプラットフォームなので、何に繋いでも迷うことなく入力することができます。
要するに、両方の印字がしているというだけじゃないかと思ってしまいますが、多分もっと難しい何かがあるんでしょう。

なんにしても、キーボードを複数の電子機器に接続して使いたい場合に便利です。
特にiPadと他の何かで使いたいときは便利だと思います。

逆にいえば、iPadだけに接続して使うことしかないのであれば、マルチプラットフォームである必要はないということですね。

そのかわり、「US配列」のキーボードを選ばないと、印字されているものと入力されるものが違ってしまうので注意です。

マルチペアリングができるかどうか

Bluetooth接続のキーボードは大体どんなものにも接続できるのですが、一回に接続できるのは1台というのが多いです。

これは、1台にペアリングしていると、別の機器に接続したいときはペアリングし直さないといけないということです。
そうすると、iPadで使っているキーボードをちょっとiPhoneで使いたいなと思った時には、キーボードをiPhoneとペアリング設定する必要があります。
そして、改めてiPadで使う時にまた、iPadとペアリング設定をしなくてはいけません。
これが地味にめんどくさい。
それに、「せっかくキーボードを持っているんだ」と思うと、色々な機器で使いたくなってしまうものですね。
すると途端に不便さを感じるようになります。

ここでマルチペアリングが生きてきます。
マルチペアリングというのはそれとは違って、何台かの機器にペアリングした状態を保つので、一度ペアリングしたら、キーボード側で切り替えるだけで別の機器に接続することができるというものです。


せっかくキーボードを買うなら、マルチペアリングのキーボードを買った方がいいと思います。
今はみんなスマホを持っていると思うので、iPadにキーボードを買ったら、それでスマホにも入力したくなると思います。
マルチペアリングにしたからと言ってそんなに高くなることもないので、いらないと思ってもマルチペアリングのを買った方がいいと思います。

いろいろあって複雑そうだけど、ひとつひとつ見ていけばちゃんと自分に合ったものを選べる

長々とかいてきましたが、本当にただの私の好みのキーボードを選んでいるだけのような気もします。(笑)
でも、この記事を読んで、「私はそこは違うと思うな」と思ったりしながら、失敗のない買い物ができたという人がいればいいなと思います。

そして私がいいなと思ったLogicoolのK380というキーボード↓が、一番のおすすめです。
お手頃だし、なかなかいいと思います。

シェアする

フォローする

関連記事