結局「パソコン」って便利だね…。タブレットの限界

タブレットってテキスト入力には向かないんだ…。ちかです。

最近になって、ブログを再開したのですが、ブログを書くのになんとかiPad miniを使えないかと考えていました。

それは、その他のメモなどを全部iPad miniで管理しているからです。

そして色々やってみた結果、私の環境では「iPad miniではブログの運営はできない」ということがわかりました。

これは多分、「iPad Pro」でも同じだと思います。

何がダメだったのか、まとめてみようと思います。

ブラウザでWordPressの標準のエディタが操作できない

私はブログ記事をWordPressの標準のエディタで編集しています。

このやり方なら、特別なアプリなどは必要ないし、別に不便ということもないのでこれを使っているのですが、iPad miniで標準のエディタを操作してみようとすると不具合が起きるのです。

変換の候補の窓がどっかへ行く

文字を入力しているときは必ず変換をしますよね。

その時に変換の候補が出てくると思いますが、それが出てくる場所がおかしいんです。

画面の中に入っていればいい方で、最悪の場合は、おそらく画面の外側に表示していて、何に変換しているのかわからないんです。

これじゃあ記事を書くなんて無理ですよね。

なんでそんなことになっているのか全くわかりませんが、なぜかこの標準エディタでだけこうなります。

方向キーによる操作ができない

文章を打っていて、例えば変換ミスをしたとします。

そしたら方向キーで何文字か前に戻って変換し直すなり、消して打ち直すなりしますよね。

それをしようと思って方向キーを押すともう大変です。

なぜかよくわからないところまで画面がスクロールしてしまって、文字の入力をしていたところが画面から見えなくなってしまうのです。

でも、スクロールして戻ってみると、カーソルはきちんと方向キーを押したぶんだけ移動しています。

つまり、カーソルの移動と一緒に画面のスクロールも起きてしまっているということです。

しかもそれが、「下」を押した時だけではないんです。

「上下左右」どの方向キーを押しても、同じように画面が大きくスクロールしてしまうんです。

なんでこんなことになってしまうのでしょうか。

がっかりしました。

このように標準のエディタは使えなかったので、もちろん他の方法も試しました。

テキストエディタアプリを使ってみた

標準のエディタが使えないので色々調べてみると、iPad Proでブログをアップしている人がいました。

その人はUlyssesというアプリを使っているようで、とても使いやすく快適になったと言っていました。

早速私も試してみましたが、私には全く合いませんでした。

アプリでは過去の記事の「更新」ができない

色々なアプリがありますが、↑であげたアプリのようなテキストエディタ的なアプリは、書いたテキストをブログの記事としてアップすることができる機能があるということなので、すでにアップしてあるブログ記事を編集し直すような作業はできなかったのです。

これは私にとってはかなりストレスで、標準のエディタなら簡単にできることが、アプリを使ってではできないというのは我慢できませんでした。

「それだったらパソコンで編集するわ!」と、なったということです。笑

「改行」がなくなる

これはWordPressの公式のアプリでもそうなのですが、編集した記事にいれていた改行がなくなります。

全ての改行がなくなるのではなく、文字の入力されていない行を作るためにいれた改行が全てなくなるということです。

例えば、↑の2つの文章は改行が1ついれてあるだけなので、次の行からすぐ次の文章が始まっていますよね。

でも、「例えば、…」の文章の上の行のように何も入力されていない行があることがありますよね。

私のブログ記事ではこの改行を結構使うのですが、アプリでいくらこの改行を入れても、記事をアップロードするとなくなってしまうんです。

色々やった結果、やっぱりパソコンが合ってた

色々やってみましたが、無理してiPadでやらなくてもいいんじゃないかと思うくらい、私には合わないものばかりでした。

それに、iOSはUS配列になってしまうので、JIS配列に慣れている私にはちょっと合わない部分も出てきてしまうというところもあったのかなと思います。

完全に違うのではなく、少しずつ違うのがなかなか慣れていかないポイントのような気もします。

それに、こうしてブログを書いているときはやっぱりJIS配列のパソコンで打っているので、「こっちのほうがいいな〜」と思ってしまいますね。

文字入力以外ではとても便利な部分も多いタブレットですが、やっぱりパソコンのようにはいかないことも多いんですね。

これも向き不向きなのかもしれませんね。

シェアする

フォローする

関連記事