【いろいろなOSで使える】Logicoolマルチプラットフォームキーボード「K380」がとても便利!【マルチペアリング】

こんな便利なキーボードがあったなんて。ちかです。

キーボードには主に2種類のキー配列がありますよね。

JIS配列とUS配列の2種類です。

配列はOSによって決まっているので、USのOSにJIS配列のキーボードをつないでも、印字してあるものと違うものが入力されたりしてしまうんですよね。

だから、キーボードを買うときは、使っている機器のOSがどっちの配列のものなのかを確認しないといけないし、別々のOSの機器を複数持っている場合、各々あっているキーボードを準備しないといけませんよね。

でも、世の中には「マルチプラットフォーム」というものがあるということがわかりました。

これは便利!

というわけで今回は、買って便利だったマルチプラットフォームのBluetoothキーボード「Logicool K380」の紹介をしてみようと思います。

ちなみにこの記事もこのキーボードで書いています。

K380の「いいところ」

このキーボードは私が不便を便利にしたくて買ったものなのでそもそも悪いところがあるわけないのですが、とりあえず、いいところから書いてみようと思います。

私が使っていていいなと思うところは、

  • マルチペアリング機能がある
  • マルチプラットフォーム
  • きもちのいい打鍵感 タイプ音も静か
  • 電源ボタンがキーボードのサイドにある物理スイッチ
  • でっぱりのない形状
  • デザインの良さ 色も3色ある(かっこいい/かわいい)
  • 電池式
  • 遅延も少ない

という感じの8つです。笑

お気に入りなのでいいと思うところがちょっと多すぎますね。

マルチペアリング機能がある

最近はキーボードをつないで使うことができる機器を複数持っている場合が多いですよね。

私の場合はiPad mini 4、Surface Pro 4、スマホの3つがあって、フリック入力が苦手な私にとってはキーボードで入力できるというのはとても便利です。

もしマルチペアリング対応でないキーボードを使っていたら、別の機器に接続するために、いちいちペアリングをし直す必要があります。

今まで持っていたのは対応じゃないものだったので、別の機器で使いたいときはいつもペアリングをし直していました。

それがK380はマルチペアリング対応なので、ボタン一つで接続を変更できるのです。

ボタン一つで接続する機器を変更できる(接続も早い)

マルチペアリング機能のあるK380には、接続機器の変更用にキーが用意されているので、それを押すだけで接続を変更できます。

接続するまでにかかる時間も早いときは1秒以内に、遅くとも3秒以内には接続できます。

接続が遅くなるのは例えば、電源が付いたときに接続したい機器とは違う機器に接続する状態になっていて、それをすぐ接続したかった機器に変更したりすると、2~3秒ほど時間がかかることもあります。

あとは、別の機器に接続したかったときに、間違えて何度もボタンを押すと、時間がかかります。

要するに、キーボードが接続をしようとしているときに別のものに接続させようとすると時間がかかることが多いということです。

ちなみにちょっと触れていますが、電源を入れたときは、電源を切る前に接続していた機器に接続しようとします。

マルチプラットフォームの便利さ

私は何年か前にiPadでの文字入力を楽にするために、Bluetooth接続のキーボードを探したのですが、当時はまだ、US配列だとかJIS配列だとかを知らなかったので、見たことのあるJIS配列のキーボードを買ってしまいました。

そして実際にiPadにつないでみると、印字されているものとは別のものが入力されたり、思うように操作できなかったりして、そこで初めて配列が違うものがあるということを知りました。

それに、当時はUS配列ならUS配列だけ、JIS配列ならJIS配列だけというキーボートしかなかったような気がします。

まぁべつに違う配列のキーボードでも、何が入力されるかを覚えれば何とかならなくはないので、私もそのキーボードを数年間使っていたのですが、「やっぱりちゃんと入力できるのが欲しい!」と思ってやっとキーボードを買い替えようと思ったのです。

そして調べてみると、今はどちらの配列としても使える「マルチプラットフォーム」のキーボードというものがあるようです。

様々なOSに対応できて、キーにもJIS配列の時の印字とUS配列の時の印字の両方がされています。

これなら、どんな機器のために買ったとしても、対応できるということになりますね。

それに、最近は複数の機器で同じキーボードを使いたいということも多いと思うので、どの機器にも対応できるキーボードを買う必要がある場合もあると思います。

特に、iPadとWindows PCで使いたかったらUS配列とJIS配列で別々になってしまいます。

そんな場合にもマルチプラットフォームはとても便利なものですね。

気持ちのいい打鍵感 タイプ音も静か

私はキーストローク(キーの押し込み)が浅いほうが好きなので、パンタグラフ型といわれるキーボードが好きです。

K380もパンタグラフ型のようで、キーストロークはとても浅いです。

しかし、打ち心地がとてもしっかりしていて、打っているという感覚がとても強いと感じます。

音も「ぱちぱち」という感じではなく、低い音がするのでタイプ音が静かで気になりにくいです。

私の持っているSurface Pro 4のタイプカバーはタイプ音がとても大きくて、イヤホンをして動画を見ながらタイプしていてもタイプ音が聞こえるくらい大きいのですが、同じ状況でK380でタイプすると、タイプ音は全く聞こえません。

体感で言うとSurfaceの1/3くらいの音量に感じます。

まぁSurfaceのタイプカバーはタイプ音がだいぶ大きいのであまり参考にならないと思いますが、今まで使っていたどのキーボードと比べてもK380が一番静かです。

電源ボタンが「サイドにある物理スイッチ」であること

今まで使っていたキーボードはMicrosoftのWedge Mobile Keyboardというものを使っていました。

このキーボードはカバーのついたもので、そのカバーをかぶせるだけで電源が切れるのですが、このカバーというのがとても重たくて、本体が約250gであるのに対して、カバーだけで約200gもあるという恐ろしさでした。

このカバーは半分に折り曲げることができて、スタンドにすることができるものなのですが、何しろ重いので本体だけで持ち歩いたこともあります。

そうやって本体だけで持ち歩いた場合、電源をオンオフするのには2つのキーの同時押しをする必要がありました。

それが不便ということはないのですが、問題はカバンの中で勝手に電源が入ってしまうということです。

知らぬ間に同時押ししてしまっているようで、いつも電源が入っていました。

勝手にオンになるなら、勝手にオフにもなってくれればいいのに、いつもオンの状態でした。

そんなことがあって電源ボタンにはちょっとこだわっていたのですが、電源は大体スイッチになっているということがわかりました。

なかでもこのK380は、キーボードのサイドにスイッチが付いているのです。

中には裏面についているものもありますが、サイドについていたほうがいいと思います。

なぜなら、電源をオンオフするときにキーボードをうらっ返すか、少なくとも持ち上げないといけないからです。

サイドにあればキーボードを机などに置いた状態で電源をオンオフすることができます。

これはとても便利です。

ちょっと休憩するときなんかにも気軽にオンオフすることができます。

でっぱりのない形状

でっぱりというのは、こういうキーボード単体のものにありがちな形で、↑で紹介したMicrosoftのWedge Mobile Keyboardなんかはキーボードの背面にキーボードを斜めにするためにでっぱりがあります。

このでっぱりが曲者で、カバンに入れるのにも取り出すのにもうっとおしいという代物でした。

だからでっぱりのないものを探していましたが、K380は見事に平らでした。

こういうのってあんまりないですね。

デザインの良さ 色も3色ある

K380はとてもデザインがいいなと感じています。

ぜひ見てみてほしいのですが、色が黒、青、赤の3色あって、それぞれデザインがいいなと思います。

私も買うときはとても迷いました。

キーボードでこんな風にいろいろな色があるのは珍しいですよね。

大体は黒だけで、あっても白いのもあるという感じが多いです。

好きな色を選べる良さもありますね。

それに、一目見てわかる特徴として「キーが丸い」というものがあると思います。

私は今まで丸いキーのキーボードは使ったことがなかったので、「もしかして打ち心地に何か問題でもあったりして…」と思っていたのですが、全くそういうことはありませんでした。

使い始めた時から、今まで使っていたキーボードと同じようなスピードで打てました。

むしろ打ちやすいと感じたくらいで、まぁそれは私好みの打鍵感だったということかもしれませんけどね。

それよりも感じるのは、キーの表面の凹凸です。

凹凸というか、球状にややへこんでいたり、出っ張っていたりするのです。

一番上のファンクションキーの段と、一番下のスペースがある段が出っ張っていて、それ以外のキーはへこんでいます。

それと材質が合わさって、指触りがとてもいいです。

タイピングしていて気持ちがいいので、ずっと触っていたくなるような感じがします。

電池式

最近のものは充電式が多い中で、このキーボードは電池式です。

私もちょっと前までは電池式が嫌で、充電式のものばかり買っていたのですが、そうすると充電しないといけないものが多すぎて、いい加減充電式じゃないもののほうがいいような状況になってきました。

充電式でも電池は数か月持つものもあるようなので、どっちでもいいような気もしますが、数か月に一回は充電しないといけないというのはめんどくさいし、もし電池がなくなった時も、電池式なら電池を入れ替えるだけで使えるのに、充電式だと充電されるまで待たないといけないというのも心配です。

その点電池なら替えの電池を持っておけばいいし、それがないときでもコンビニにでも行けば簡単に手に入るので便利かなと思います。

それに、K380は省電力設計になっているようで、かなり長い時間(大体2年!)電池が持つそうです。

だから、電池式だというところもいい点だなと思いました。

遅延がない

今まで使っていたものが数年前のものだったからかもしれませんが、少し遅延がありました。

打ってから0.5秒後くらいに画面に表示される感じで、少し気になっていました。

でも、K380を使ってみると全く遅延がなく、快適です。

最近のキーボードはBluetoothの規格も新しいものになっているので、大体のものが遅延はないのかもしれませんけどね。

K380のよくないところ

あまり感じたことはないのですが、「もし悪いと感じるとしたらここかな?」というところを挙げてみようと思います。

ちょっと重たい

↑でもあげているMicrosoftのWedge Mobile Keyboardは、本体だけ(電池込み)で約250gだったり、ほかにも200g前後というキーボードは結構ありました。

その中で、このK380は約420gあります。

これはだいぶ重たいのだと思いますが、カバンに入れて持ち運んでいても、「これさえなければ…」と思うほど重くはありません。

それに、手で持っていても「重たい」とは感じません。

今のところ使っていて重さが気になったことはありません。

使い勝手もよく、大のお気に入り! K380

こんな感じでとても気に入っています。

持ち運んで使ったり、SurfaceとiPadでスイッチしながら使うことが多いのですが、不満は全くありません。

だからとてもおすすめです。

Bluetoothキーボードを探している方はぜひ検討してみてください。

シェアする

フォローする

関連記事