【おすすめ】Manfrottoのカメラバックを普段使いしてみたらとても快適だった。通学にも

初めての試み。ちかです。

今までリュックについて悩みがありました。

「容量は多いけど、ものが取り出しにくい」というものです。

カバンの中でもリュックは、背中に背負うのでどうしてもものを取り出すのが大変です。

でも、荷物が多かったり、バイクに乗ったりするので、そういうときにはやっぱり機動性の高いリュックに魅力を感じます。

そこで、新しい試みとして「カメラバック」と呼ばれるカバンを使ってみました。

マンフロットの「NEXT コンパクト バックパック」というものです。

カメラバックを普段使いしてみようと考えた理由

今までもカメラバックというものは知っていましたが、どうしても「カメラ大好き」な人しか使っちゃいけないんじゃないかというイメージが強くありました。

私はカメラを持ち歩くこともありますが、「そんなに写真に凝っているわけでもないし、レンズも本体に1つ付けているだけで別のものも持たないし」と、今思うと「使わない理由」を考えていました。

そんなとき、YouTuberのカズさんが新しいカメラバックを買い、それに赤ちゃん用品を入れたりしているのをみて、「あ、どんな風に使っても良いんだ」と当たり前のことに気がついたんです。(笑)

実際の動画↓

そして早速、マンフロットのカメラバックを使ってみました。

NEXT コンパクト バックパックの特徴

リュックといえば大きな収納が特徴的ですが、カメラバックの多くはそういった大きな収納は分割できるようになっています。

実際、スポーツをするときでもないとそんなに大きいもの入れないんですよね。

だからカメラバックは「普段使いのリュックに最適」なんじゃないかと思います。

「NEXT コンパクト バックパック」も普段使いでとても使いやすい構造になっていました。

一番大きな収納部分が「2層」になる

いちばん大きな収納スペースは、上側からアクセスできる部分と背中側からアクセスできる部分に分けることができます。

分割することによって、底に物が集中することを防ぐことができるので、より物を取り出しやすくなります。

この空間は大きな一つの空間にすることもできるので、何か大きいものを入れないといけないときも対応できます。

カメラ用の収納部分はさらに小さく仕切りをつけられる

カメラバックはカメラやレンズなどをたくさん収納するのが本来の目的なので、カメラやレンズくらいの大きさの空間をたくさん作るための工夫がされています。

その代表的なものが「カメラ用の収納部分」です。

「Next コンパクト バックパック」にもそういった空間があって、仕切りを自分で自由に付け替えて使うことができます。

これによって、もちろんカメラやレンズを守ることができますが、ほかにも、小物を整理することもできますね。

背負ったまま取り出せるところが多い

私がこのカバンのいちばん気に入っているところが、背負ったままものを取り出しやすいところです。

いちいちカバンを下ろすことなく物を取り出せるので、リュックの欠点がカバーされています。

NEXT コンパクト バックパックは、背負ったまま取り出せるポケットが多いと思います。

お気に入りは「iPad用ポケット」

私がいちばん気に入ったところが、取り出しやすい「iPad用ポケット」です。

よくあるカバンには、iPadを入れられるような取り出しやすいポケットはあまりありません。

私は基本的にスマホよりiPad miniを使うので、iPadを取り出しやすいところに入れられるととても便利に感じます。

カメラバックだと、写真の出来上がりなどを確認するのにiPadを使う人も多いようなので、こういう構造になっているのでしょう。

iPadじゃなくて、何かすぐ取り出したいようなものを入れるというのもいいと思います。

とても薄いポケットですが、ものを入れれば広がるので、例えば財布などなら入れられます。

iPad用ポケットの注意点

公式サイトなどの情報で、iPad用ポケットは「iPad Proの9.7インチが入る大きさ」だと書いてあります。

情報が古いんじゃない限り、「iPad Proの10.5インチ」は入らないということなのかなと思いました。

実際に試してみると、iPad Pro単体なら10.5インチのものも、ちょっと無理をすれば入れられました。

すんなりとは閉められませんが、ちょっと力を入れれば閉められました。

でも、Smart Keyboardを付けてしまうと、どんなに押し込んでも全部は入れられませんでした。

もしかしたら9.5インチのiPad Proでも、Smart Keyboardをつけると入れられない可能性があるかなと思います。

そうなると、Smart Keyboardをつけないで持ち運ぶ必要があるかもしれません。

もし、Smart Keyboardをつけて持ち運びたいときは、パソコン用の収納部分に入れることもできます。

パソコン用スペースにはA4ファイルを入れることもできる

大きな収納スペースがないと、A4の書類などが入るかどうかが心配ですよね。

このカバンにはパソコン用スペースもあって、そこにはA4ファイルも入れることができます。

パソコンは13インチのMacBook Proがすんなり入りました。

15インチが入るかどうかはわかりませんが、ちょっときついだろうとは思います。

↑のMacBookの写真でだけ、カバンを手で押さえていますが、これはパソコン用スペースばかりが重くなると、パソコン側に倒れるようになってしまうからです。

そうじゃないときはしっかり自立しているので、「パソコンを入れるとバランスが崩れてしまう」という点だけ、ちょっと残念ですね。

もちろん三脚を取り付けることもできる

私は使いませんが、NEXT コンパクト バックパックはカメラバックなので、もちろん三脚を取り付けられるところもあります。

下にあるメッシュのポケットに入れて、上をゴムバンドで止めるという感じです。

使ってみて、とても快適だった。

実際に何度か出掛けたときに使ってみましたが、今まで持っていたリュックの中で一番使いやすかったです。

いちばん感じたのは、「背負っていて軽く感じる」ということです。

背負っていてなんとなく軽く感じた

別のカバンに入れていたものをそのまま入れていたのですが、それまでよりも軽くなったように感じました。

もしかしたら、カバンの中で中身が分散しているからかもしれません。

重みが一箇所に集中しているより、全体的に分散していた方が同じ重さでも軽く感じるのかもしれません。

作りがしっかりしているから、ものも取り出しやすい

出掛けていると、歩きながら何かを取り出したいことがありますよね。

そういうときも、取り出すのがとても楽でした。

特に背中側にあるチャックのところが思ったよりも取り出しやすくて驚きました。

リュックからものを取り出すときは大体、片方の肩だけ下ろして、リュックを前に持ってくると思います。

そうしたときに、このチャックのところがいちばん取り出しやすいところに来ます。

背負っているときに背中に当たっているところなので、なんとなく取り出しにくいんじゃないかと感じていましたが、むしろここがいちばん取り出しやすいところです。

それに、背負っているときは背中に隠れているので、貴重品などを入れても取られにくいというお墨付きです。

このポケットがこんなに取り出しやすいのも、カバン自体がちゃんと形を保ってくれるからです。

もしカバンがふにゃふにゃだったら、荷物の重みでカバンが体に密着して、取り出しにくくなってしまいます。

そういうところも考えて、つくられているんだと思います。

とても使いやすいです。

日常使いにこそカメラバック!かも?

実際に使ってみて、なぜもっと早く使ってみなかったのかと思っています。

今までリュックに対して抱いていた不満点が解消されていて、私としては大満足です。

マンフロットにはもっと機能の豊富なリュックも売っていますが、私としてはこれがいちばん良かったなと思っています。

サイズも約21Lと、リュックとしては小さめかなと思いますが、この大きさだから良かった部分もありますね。

カズさんのように出張などで使う場合はちょっと容量が足りないかもしれませんが、私のように日常生活で使う分には十分な容量です。

リュックの使いにくさを解消したい方は、試してみてはどうでしょうか!

とても快適になるかもしれませんよ。

シェアする

フォローする

関連記事