キーボードの選び方2つのポイント

キーボード選び

ちかです。


ブログを始めてから、キーボードで文字の入力をすることが格段に増えて、キーボードについて真剣に考えてみました。

自覚していなかったのですが、キーボードが嫌だと、知らぬ間にその機器自体(パソコンなど)を使わなくなっていたからです。(笑)


「私はなんでこんなにデスクトップを使いたがらないんだろう?」と思ったら、デスクトップのキーボードだけ、キーストロークの深いキーボードを使っていたからだったんですね。


というわけで、今回は、私自身が、知らぬ間にパソコンを使わなくなってしまう原因になっていた、「キーボードの選びかたについて」まとめてみようと思います。

一番大事なのは「キーストローク」

私の場合は、キーボードの使い心地が主に「キーストローク」によって決まっているようです。

キーストロークというのは、キーの押し込み具合のことで、よくあるノートパソコンのキーボードのようなものはキーストロークが浅いと言われます。


このキーストロークですが、深い方が使いやすいと感じる人が多いものらしいです。

だから、デスクトップPCのキーボードは大体、キーストローク深いものを使っている場合が多いようです。


でも私は、キーストロークの浅いキーボードが好きなタイプらしく、だから、デスクトップPCを買った時についてきたキーストロークの深いキーボードでは、打ちにくくて使わなくなっていたようなんですよね。


キーストロークが浅いのが好きか、深いのが好きかというのは本当に好みの問題のようで、世の中には色々な感想を持つ人がいます。

キーストロークの「浅い方が好きな人」と「深い方が好きな人」の違い

私のようなキーストロークの浅いキーボードが好きな人は、弱い力でキーを押しているんだと言われることが多いですが、たしかにそうなのかもしれません。

その理由を考えてみたのですが、それが、「手首を動かすかどうか」問題です。


私が見たところ、キーストロークの浅いキーボードが好きな人は、タイピングするときに手首の位置がほとんど移動しない人しかいませんでした。

逆にキーストロークの深いキーボードの好きな人は、タイピングしているときに手首の位置が少し動きます。

「手首を浮かしている」とまではいかなくても、浅いキーボードが好きな人のようにべったりとつけて打ってはいないんじゃないかと思います。


私自身、タイピングをしているときに、手首部分はずっとテーブルなどに完全についた状態なので、深いキーボードが好きな人のように手首部分が移動することがありません。

それを考えると、深いキーボードが好きな人は指だけでなく手や腕全体の力がかかるようになるので、自然とタイピングするときにかかる力が強くなるのかなと思います。


そうやって強い力がかかると、キーストロークの浅いキーボードの場合、その力を受け止めてくれないので、打つのに負担がかかりやすくなるのかもしれないなと思いました。

逆に私のように手首がべったりついている人は、ほとんど指の力しかかからないので、そこまで強い力がかかりません。

だから、むしろ深いキーボードを押し込まないといけないことが疲れるようになるのかもしれないなと思います。

キーストロークが合ってないと一番使いにくさを感じる

私自身、私の好きじゃない「キーストロークの深いキーボード」を使っていたとき、パソコンを操作するのが苦痛に感じるほどでした。

タイプミスは多くなるし、手は疲れるし、何もいいところがありません。


このように、私の場合は浅いキーボードが好きなので、深いキーボードでは「タイプミスが増えて、手が疲れやすい」ことになりますが、逆に深いキーボードが好きな人は浅いキーボードを使うと「タイプミスが増えて、手が疲れやすい」ことになるそうです。

これは要するに自分に合っていないキーボードを使うと、「タイプミスが増えて、手が疲れやすい」ということですね。


ここまで具体的に言っていたわけではありませんが、YouTuberの瀬戸弘司さんも2017年にキーボードをいろいろ選んで深いキーボードを買いましたが、最終的に浅いキーボードに戻っていたということがありました。(笑)

「打ちにくかった」とか言っていたわけではないのですが、要するに「合わなかった」ということなんだと思います。

「キーピッチ」も大事な要素

キーストロークはキー一つ一つの押しやすさに関わってきますが、キーピッチは全体のバランスという感じがします。

キーピッチというのは、キーとキーがどのくらいの間隔で並んでいるかということで、隣のキーとの距離みたいなものです。

キーの真ん中から、隣のキーの真ん中までの距離で表されます。

これも、特にデスクトップで使うキーボードなんかだと、何も考えずにフルサイズキーボードを使うのではないかと思います。

フルサイズキーボードというのは、キーピッチが19mmのもののことだそうです。

これが基準になっていて、これより広いものは見たことがありませんが、狭いものは結構あります。

キーピッチの狭いキーボードは大体が持ち運び用のキーボードで、そんなに大きな違いの中から選ぶことはありません。


狭い方が手を動かす距離が短くなるので打ちやすくなりますが、狭くなりすぎると、今度は指を動かす空間がなくなって、逆に打ちにくくなります。

私はキーピッチが16mmのものまでは使ったことがありますが、この大きさがブラインドタッチできる限界のサイズじゃないかと思います。

これより小さいと、親指2本で打つしかなくなるんじゃないかな?


これほど狭いものでなくても、私が一番好きなのは、18mm〜18.5mmくらいの大きさです。

フルサイズキーボードと比べてもそんなに変わらない大きさなのですが、この1mm以下の違いが結構違うんですよね。

まぁ、1つ1つがそれだけ違うということは、全体だとけっこう違うことになるので、そりゃそうなんですけどね。(笑)


私はあまり手が大きくないので、フルサイズキーボードだとちょっと指が届かなかったりすることもあって、ちょっと大きすぎるなと感じることがあります。

だから、フルサイズよりもちょっとだけ小さいサイズの方が届かないこともないし、私にとっては使いやすくなります。


キーピッチに関しては、そんなに大きな論争のようなものは無いと思います。

これは誰が使ってもそんなに大きく感想が変わらないからなのかなと思います。

キーボードで大事なのは「キーストローク」だけかもしれないと思った

今回、いろいろ調べてみて思ったのは、キーストロークが合わないキーボードほど不快なものは無いということですね。

深いのが好きな人も浅いのが好きな人も、自分に合わない方ではとても不快な思いをしてしまうので、言い方もきつくなりがちなのかななんて思いました。


そのかわり、自分に合うものを使えているときの快適さったらないので、是非自分にあったものを使ってもらいたいなと思います。

シェアする

フォローする

関連記事